無料相談の始まり

市区町村で開催の無料相談

市区町村では無料相談窓口が設けられています。
もちろん横浜にもあります。
法律相談や税務相談など種類も色々で勿論相談員は弁護士であったり税理士だったり専門家が対応してくれます。
各ホームページなどから詳細を確認して利用するといいでしょう。
一人に充てられる時間はおよそ30分くらいが一般的ですが時期によって開催していない市区町村もあります。
内容が単なる税務相談であれば、税務署で対応ができるものもありますから、無料相談を開催していない地域ではそちらを利用することもできます。
またフリーダイヤルの電話で税理士を紹介してくれるサイトもあるので無料相談に対応している事務所を教えてもらうこともできます。
勿論紹介料も無料ですので安心ですね。

無料相談の意義

無料相談はなぜどのような理由で始まったのでしょうか。
税理士には社会的使命があり、それをすべての国民に理解してもらい周知することが重要であるとした普及活動から実施されたのであるとされています。
「税理士総奉仕の日」を基盤にして1969年に「税理士記念日」というものが出来ました。
すべての税理士が仕事に対する重要性を再認識することも目的の一つとされています。
こんなことから始まった無料相談の意義を相談する側も理解して、まずは必要なアドバイスを受けて自分の経営している会社の経営の一部である納税を理解していくことが大事ですね。
無料相談を受けることがきっかけで沢山の税理士の中から電話で、メールで方法は色々ですが、自分の求めている事務所に出会えるといいですね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ